初心者がブログアフィリエイトで稼ぐ方法|ジャンル&記事の題材の選び方を解説

今回は、いろんなサイトで調べてブログの作り方や記事の作成方法はわかったけど、稼ぐための記事が書けない、どんな記事を書いたら稼げるのかといった疑問に答えたいと思います。

具体的には、有益な記事を150〜200記事くらい書ければ、最低でも毎月5〜10万円くらいの収入が見込めます。

誰でも稼げるのですが少しだけ条件があります。この記事では、WordPressでブログの仕組みを準備して、記事を書いて見られるところまではなんとかできた!というパソコン初心者の方に向けた記事です。

ただ、準備がまだの方も1日あればできますので、

そうすると丁寧な解説サイトがたくさん出てきますので、その手順に沿って操作すれば簡単にできます。

ということでこの記事では「ブログでお金を稼ぐ」ことに焦点をおいて、

この記事でわかること
  • どういうジャンルのブログを選ぶべきか
  • どういう記事を書けばよいのか
を解説していきます。

初心者でまだブログを始めていない方も、記事はある程度書いたけど一向にアクセスが集まらない&稼げないという方も参考にしてみてください。

稼ぐために一番重要なのは、記事の題材です

ブログで稼ぐためには、行った場所や食べたものをただ綴っていくのではなく、読者が役に立つと思える有益な情報を書く必要があります。そしてそれを半年から1年ほど続ける必要があります。

そう書くと「人より知っていることがない」「文章を書くのが下手」「途中で飽きる」故に「自分にはできない」とあきらめる方も多いのですが、決してそんなことありませんので一旦その考えは捨てましょう。

さてここからブログで稼ぐために、自分にあったジャンルと題材を導き出す思考法について案内していきたいと思います。

ブログのジャンルの選び方

褒められたり、喜ばれた経験を思い返してみよう

まずは過去を思い返して、これまでに何かをして褒められたり喜ばれたりしたことをブログのテーマにすると価値が高まると思います。

多くの場合、自分ではそれが価値のあるものと気付きにくく「そんなこと誰でもできる」「もっとすごい人がいっぱいいる」と思ってしまうのですが、決してそんなことはありません。

小さなことでも、たった1人にでも、周りにいる誰かを喜ばせたことがあるなら、世の中にはその情報を求めている人が溢れているものです。

これまでの人生を振り返ってみましょう

抽象的なことを言ってもなかなか伝わりづらいと思いますので、具体的に掘り下げてみましょう。

何か1つでも良いので、自分が一番自信があったり、調べなくても書けそう、ネタが尽きないなどのジャンルはありますか?

もしなければ、興味があるので勉強がてら調べて書きたいというジャンルでもよいですが、できればこれまで経験した中からジャンルを見つけるのが圧倒的に効率よいのでおすすめです。

例えばこんなジャンルです。

経験
過去の仕事、受験、留学、恋愛、子育て、介護
ノウハウ
節約、家事、料理、ファッション、話し方、楽器演奏
趣味
旅行、カメラ、映画、音楽、コレクション、手芸、芸能人

少し先を想像してみよう

ジャンルを1つ決めたらここでちょっとだけ想像してみてください。

これから約1年、そのジャンルについての記事作成を続けることになるので、稼げそうだからという理由だけであまりにも興味がなかったり好きでないジャンルに決めるのは避けておきましょう。

好きなジャンルや得意なジャンルと、そうでないジャンルで比較すると、作業時間は2倍、3倍… と差が出てきます。

書けないジャンルの記事は、いくら頑張って書いてもそのうち書けなくなります。簡単にモチベーションが下がってしまうのです。

完璧でなくてもよいので、ゆるーくこんな感じで想像してみてください。

  • 20記事くらいなら書けそう
  • まあまあ興味がある
  • そこそこ知っている
  • もっと詳しくなりたい
  • 続けたら自分にメリットがありそう
  • 少しは誰かの役に立てそう
ブログで稼いでいる人は、必ずしもプロや専門家、死ぬほど好きなジャンルで書いている人ばかりではありません。

真面目な人ほどここで考え込んで行き詰まってしまうのですが、1つでも軽く当てはまればそれでよいので、次に進みましょう。

記事の題材の選び方(特に重要)

ターゲット読者のセグメントを行う

ブログのジャンルが決まったら記事を投稿していくわけですが、どこへ行った、何を食べたと日記ばかり200記事書いてもまったく稼ぐことはできません。

稼げる記事を書くためにターゲット読者のセグメントを行います。

ターゲット読者のセグメントとは
ブログの読者を絞り込むこと
こうじ
具体的に説明するよ。

例えば子育てブログで

  • 子供に買ったおもちゃ
  • 子供と泊まったホテル
  • 今使っている子供の椅子
について書きたいとします。

これらは「子供+おもちゃ」「子供+ホテル」「子供+椅子」といった2語で検索された結果に表示されることになるので、同じ内容のたくさんのページに埋もれてしまいます。

さらにターゲットを絞り込むため、3語〜4語のキーワードを組み合わせた記事を作成していきましょう。

そうすることで、記事に独自性が出て、検索で探し出される(=記事を見られる)可能性が高まります。

3語のキーワードでセグメントした記事の例をいくつか挙げてみましょう。

子育てブログの記事テーマ
  • 双子+おもちゃ+おすすめ
  • ベビーカー+A型+(メーカー名)
  • 靴+(ブランド名)+感想
  • チャイルドシート+(商品名)+クチコミ
  • 1歳+絵本+おすすめ
  • いやいや期+食事+しつけ
  • 2歳+おやつ+オーガニック
  • 離乳食+レシピ+時短
  • 子供+階段+安全
  • 寝かしつけ+おすすめ+グッズ
などなど、少し読者が限定される感じがつかめるのではないかと思います。

セグメントするキーワードが多すぎると、極端なニッチ市場になるので読んでもらえる機会がぐんと減ってしまいます。

最初はイメージしづらいかもしれませんが、まずは3語を意識して記事を量産していくことに集中しましょう。

こうじ
子育ての例だけだと想像しづらいですかね。

もう少し例を挙げてみますね。

旅行ブログの記事テーマ
  • 大阪城+フレンチ+ランチ
  • 江ノ島+しらす丼+有名店
  • 長野+温泉+混浴
  • 東京ドーム+3月+イベント
  • マレーシア+12月+服装
  • 福岡+神社+初詣
節約ブログの記事テーマ
  • 食費+節約+レシピ
  • 貯金+10万円+貯め方
  • 株主優待+おすすめ+食材
  • エアコン+掃除+ダイソー
  • 美ら海水族館+割引+クーポン
  • ガソリン+ポイント還元+クレジットカード
ファッションブログの記事テーマ
  • 40代+メンズ+スキンケア
  • ストール+巻き方+男
  • タレント名+ドラマ名+アクセサリー
  • 髪型+トレンド+2019
  • 低身長+メンズ+服装
  • ブランド名+バッグ+比較
少しイメージが膨らんだでしょうか?

このように、読者が検索するキーワードの組み合わせは「質問」ですので、その「回答」を記事にしたページを量産していきます。

この作業を積み重ねることで「役に立った!」という読者が少しずつ増え、やがては膨大なアクセス数につながっていきます。

テーマが決まったら実行してみよう

以上、ブログで稼ぐためのジャンルや記事テーマの選び方についての解説しました。

こうじさん
わからないことがあったらTwitter問い合わせフォームから気軽に質問してくださいね!

一緒にがんばりましょう!